通信制高校の基本をおさらい

通信制高校の定義とは?

通信制高校とは、修得しなくてはならない一定範囲の勉強を通信によって行うことで、学校教育法により、就業年度は3年以上となっています。
通信制というのは、全日制や定時制と同じ教育課程で、自分に合った速度で勉強し卒業資格を手に入れることが可能なため、勤労者や不登校者、中退者などには有効な手段として評判になっています。

通信制高校の魅力は自由な学習方法

通信制高校の一番の魅力は、全日制や定時制とは異なり、自分の時間を上手く使えるということです。
そのため、就業しながら高卒資格を手に入れたい人やスポーツと勉強の両立を可能にしたい人、不登校だから自分のペースで学習したい人などいろいろな原因により、全日制や定時制に通えない人の評判は良いです。
卒業に必要な単位は74単位を取ることなので、それに合わせて勉強すればいいから自分の都合で学習ができます。

自宅近くに範囲を限定されずに選べます

広域通信制高校に関しては、全国から受け入れる学校もたくさんあり、興味や目的に合わせて選ぶことができます。
勉強は自宅でのレポート学習で、面接指導は合宿形式などで地方からの学生も大丈夫です。
また、学年による違いがないため、世代を超えた出会いなど珍しい交流ができます。
さまざまな人が通うので、同じ悩みも持つ学生とも仲良くなれます。

eラーニングなどの自宅学習が基本

基本は家で勉強し、学校が定めたレポートをやって、添削指導を受けます。
最近では、インターネットを活用したeラーニングを行なっている学校もあります。
さらに、教師も面倒見が良いです。
教師は、上手く会話できる環境作りを重要視しています。
そのため、将来に対する考え方や夢など、学生の声に耳を傾けてくれて、ひとりひとりの進路を一緒に探してくれます。
また、大学や専門学校への推薦入試枠もあるから、将来の可能性も広げやすいと評判です。